高校生のニキビケアと治し方

高校生はニキビが出来やすくなる時期ですが、日頃からニキビの対策を取ることで、ニキビを出来にくくしたり、ニキビが悪化するのを防ぐことができるかもしれません。ニキビの対策とニキビの治し方には、どのようなものがあるのでしょうか。

規則正しい生活を心掛ける

高校生の時期は、成長ホルモンの分泌により、体内の男性ホルモンや女性ホルモンの分泌が活発になる反面、ホルモンのバランスが乱れやすい傾向があります。ホルモンのバランスを整えるには、規則正しい生活を心掛けることが大切です。現代は、インターネットの普及により、深夜までパソコンやスマートフォンなどを使用する高校生が増えているようですが、肌の再生が最も促される時間帯である22時~3時の間はしっかりと寝るようにしましょう。

栄養のバランスが良い食事を取るようにする

高校生の時期は、肉類や油っぽい食事を好む時期であるため、身体に取り入れる食品によって、皮脂の分泌が活発になる場合があります。体内のホルモンの分泌が活発になることによる皮脂の分泌は、なかなかコントロールしにくいものですが、食事は自分でコントロールできるものであるため、食事内容を工夫することで、ニキビ対策を取ることができます。ニキビが気になっている時は、できるだけ油っぽい食事やスナック菓子などを控えて、栄養のバランスが良い食事を取るようにすると良いでしょう。

毎日のスキンケアを丁寧に行う

高校生の時期は、過剰に皮脂を分泌する時期であるため、多くの方が皮脂を取り除くためのスキンケアを行っているようです。しかし、お肌は水分と油分のバランスを適度に保つことによって、健康なお肌の状態でいることができます。いくら皮脂が気になっているからと言って、皮脂を取り過ぎるようなスキンケアを続けていると、お肌が乾燥してしまいます。お肌が乾燥すると、その乾燥からお肌を守ろうとする、皮膚の防衛機能によって、皮脂がますます分泌されるようになるため、注意が必要です。洗顔をする時は、適度に皮脂を洗い流しながらも、十分な保湿をすることが大切です。

高校生のニキビを治す洗顔料選び

ニキビができやすい高校生の時期は、鏡を見るたびニキビが気になって、ついニキビに触れてしまうこともあるかもしれません。ニキビに触れると炎症を起こしやすくなるため、できるだけニキビに触れないことが重要です。1日も早くニキビを直すためには、毎日の洗顔で、丁寧にお手入れをすることが重要です。高校生のニキビを治す洗顔料の選び方には、どのようなものがあるのでしょうか。

お肌に優しいものを選ぶ

ニキビが気になっている方の多くは、皮脂を取り除く働きが強い洗顔料を選んでしまいがちです。ところが、洗浄力が強過ぎる洗顔料は、お肌が乾燥してしまうだけではなく、配合されている成分がお肌にとって刺激が強いことも考えられるため、注意が必要です。ニキビができている時は、お肌がデリケートな状態です。できるだけ、自然由来の原料から抽出された成分が配合された洗顔料を選ぶようにするなど、お肌に優しい使い心地のものを選ぶようにすると良いでしょう。

毛穴の汚れを吸着する働きのあるものを選ぶ

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることで、ニキビができやすくなります。ニキビを防ぐには、過剰な皮脂の分泌を抑えることも大切ですが、毛穴に詰まった皮脂や汚れを、毎日の洗顔で優しく洗い流すことが大切です。洗顔料の中には、お肌に優しい使い心地である上に、配合されている自然由来の成分により、毛穴の奥の汚れを吸着して、しっかりと汚れを洗い流すことができるものがあります。このような洗顔料を選ぶことで、ニキビ対策を取ることができます。

お肌に潤いを与えるものを選ぶ

高校生の時期は、過剰に皮脂が分泌される時期であるため、多くの方が皮脂を取り除くスキンケアに力を入れてしまうようです。皮脂を落とし過ぎるとお肌が乾燥して、皮膚の防衛機能により、皮脂が多く分泌されるようになってしまいます。ニキビのスキンケアをする時には、お肌に潤いを与える洗顔料を選ぶようにすると、洗顔後の乾燥を防ぐことができるため、お肌のコンデションを整えることができます。

高校生のニキビを治す洗顔の方法

高校生のニキビのお手入れで最も大切なことは、毎日の洗顔を丁寧に行うことです。正しい洗顔を続けることで、お肌のターンオーバーを促すことができるため、ニキビ対策を取ることができます。高校生ニキビを治すためには、どのような洗顔をすると良いのでしょうか。

洗顔料をしっかりと泡立てる

ニキビに良いとされている洗顔料であったとしても、しっかりと泡立てずに洗顔料を直接お肌に擦りつけるようにして洗顔すると、ニキビを悪化させてしまうだけではなく、別の肌トラブルを誘発してしまうこともあります。洗顔料は泡立てネットなどを使用して、しっかりと泡立ててから洗顔するようにしましょう。

泡で包み込むように洗顔をする

泡立てネットで洗顔料を泡立てる時、泡が生クリームのような固さになるまで、しっかりと泡立てましょう。弾力のある柔らかい泡が出来たら、顔全体に伸ばしましょう。泡を顔全体にのばしたら、指の腹を使って円を描くように丁寧にマッサージしましょう。この時、力を入れずに優しく洗うことがポイントです。広い部分は大きな円を描くようにして、狭い部分は小さな円を描くようにすると、汚れが落ちやすくなります。小鼻の周りは皮脂が多く分泌されるため、指の腹を使って、特に丁寧に洗うようにしましょう。

ぬるま湯でしっかりと洗い流す

洗顔が終わったら、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。人肌くらいの温度のお湯で洗い流すようにすると、お肌に負担が掛かりません。洗い流す時は、顔全体だけではなく、髪の生え際なども丁寧に洗い流すようにすると良いでしょう。すすぎ残しがあると、その部分にニキビや吹き出物が出来てしまう場合があります。洗顔料がお肌に残らないようにするためにも、髪の生え際は、特に丁寧に洗い流すようにしましょう。

タオルで優しく水分を拭き取る

しっかりとすすいだ後は、タオルで水分を優しく拭き取りましょう。この時、タオルでゴシゴシと顔を拭くようにするのではなく、優しく顔を押えるように水分を拭き取ることが大切です。

ページトップへ